沖縄 不動産 賃貸 アパート・マンション・売買物件のことなら拓実住宅

お問い合わせ

098-879-0241

アクセス

より高い評価と確実な売却実現のために。

売却とは、今ある大切な財産を「将来の資金」に変える事です。準備は万全に。
住まいを売り出した瞬間から「買い手はお客様」と考える事が大切です。

 

今回売却する目的を明確にしましよう!

kanaetai売却はあくまでも手段に過ぎません。売却の進め方はその目的によって大きく変わってきます。特に買換えの場合には購入との連動性が一番重要になってきます。今回売却する目的となる「叶えタイこと」「解決しタイこと」を明確にしておきましょう。

 

お住まいの状況や履歴を正確に伝えましょう!

お住まいを売却するということは、単に代金の受領や住まいの引渡しを行うことで完了するのではなく、購入した方が問題なく生活を開始できた時点で初めて完了するものです。売却する住まいの状況や履歴は売る方にしか分からないものです。購入する方にはできるだけ正確に伝えましょう。

 

購入希望者をあたたかく迎えてあげましょう!

一般的に住まいを購入する方は初めて家を持つ方が多く、売る方よりも比較的若年の方が多いものです。いわば今の住まいを購入した時の自分と同じ立場と言うことです。

何もかもが初めてで不安がいっぱいのはずです。あたたかく迎えてあげましょう。

 

お住まいは責任をもって引き渡しましょう!

売買契約では、売主様が不動産会社であっても個人の方であっても、代金を支払う買主様の方が法律的には保護されています。つまり売却されるお住まいは商品だともいえるのです。商品が配達の途中で破損した場合は代金はもらえません。契約が終了しても実際に買主様に引き渡すまでは、お住まいを管理する責任が売り手に側にありますので普段以上に注意して過ごしましょう。

<目次に戻る / 不動産ご売却の流れ>

このページのトップへ